nEST's SPACE-Blog

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記5 ~初の単独公道走行を終えて~

     
    教習所のペーパードライバー講習はまだ途中ですがだいぶ自信をつけたので、先日とうとう人生初の単独での公道走行に臨んで参りました。

    脱ペーパードライバーにまた一歩近づきましたが、唐突に表れる左折専用レーンに迷い込んで大回りしたり、ナビの示す曲がり角を余裕でスルーしたりと持ち前のトンチキぶりを存分に発揮してきましたよ。

    あと返却時に気が付きましたが、ドアをロックしないまま走ってたようです。
    あはははははは!
    すいません、次から気をつけますorz

    初の公道走行を終えて


    今回の公道走行では、タイムズカープラスで借りた日産のノートを使用しました。
    やはり大きな車種はちょっと不安なので、ペーパードライバー講習で普段乗っている日産のセダンと同程度或いはよりコンパクトである事を基準に選んでます。
    非常に乗りやすい車だったので、次回以降もしばらくはノート一本でいきたいトコですね。

    ステーション(車を借りる拠点)に到着後、忘れずに車体の前と後ろへ若葉マークを取り付け。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_1.JPG


    次に車外から目視で異常が無い事を確認した後、トランクの中を確認してみます。

    ジュニアシートが一つある他にもコロコロや雑巾、消臭剤などの清掃グッズに加えてビニール傘×2に若葉マークまであります。
    管理人は自前の若葉マークを使うつもりですが、万一の脱落を考えるとうれしいですね。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_2.JPG


    トランク下部には三角表示板やスペアタイヤ、タイヤレンチにジャッキも準備されてます。
    軍手は自前で用意する必要がありますが、市街地の走行程度であれば十分な備品と言えるのではないでしょうか。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_3.JPG


    そして車内にも忘れ物やゴミなどの異常が無い事を確認したらいざ出発!
    いつでも戻れるよう、カーナビを車を借りたステーションにセットする事も忘れません。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_4.JPG


    で、事故も起こさず、駐車も何とかクリアして初の公道単独走行を無事完了してきたわけですが、正直上手く感想が書けないです。
    運転操作と周囲の安全確認に夢中で、運転中の事など見事に記憶にございません。
    散々見慣れたご近所を1時間ほど流しただけなのに終わってみれば疲労困憊、我ながら情けないものです。

    ただ唯一、"わ"ナンバー+若葉マークのコンボが効いていたのか、教習車に乗っていた時以上に他の車が車間距離を多目に取ってくれていた事だけはハッキリ分かりました
    周りの気遣いに感謝しなければなりませんね。

    まあ何とか公道でも走れそうかなという手応えはありましたので、公道での走行練習にはどんどん挑戦していきます。
    短い時間でも手軽に借りられる事がカーシェアリング最大の魅力なので、これからもっと活用したい所です。

    タイムズのカーシェアリングはどうだった?


    率直な感想として、タイムズのカーシェアリングは思っていたとおりペーパードライバーにも嬉しい良いサービスでした。

    まず利用時間の柔軟さと利用料金の分かりやすさ。
    車の返却後に届く料金通知メールを確認した結果、今回の料金は「1時間分の利用料金+TCP安心補償サービスから給油割引を差し引いて計1,133円」。
    レンタカーに比べるとやはり手軽でしょう。

    また、ガソリン代を個人負担する必要がないのも料金の分かりやすさに一役買っています。

    今回乗ったノートはガソリン残量が1/4近かったため、初公道走行のついでにガソリンスタンドでの給油にも臨んできました。
    通常はタイムズが料金を負担してくれる専用の給油カードを使うのですが、あいにく今回給油したのはタイムズと提携していないスタンドなので使えませんでした。
    が、このような場合でもコールセンターに連絡さえしておけばこの場は現金で支払い、後日送られてくる書類から清算する事ができます。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_5.JPG


    二つ目はステーションに着いてから必要な手順の少なさですね。
    基本的な流れは「車外の点検→カードをかざして車内へ入る→キーを回してロック解除、そのあとは普通の車と同様」と簡単なもの。返却時はほぼその逆。
    またステーションで必要な作業のみならず、車種ごとの基本操作をまとめた動画をタイムズのホームページで確認できるのも、ペーパードライバーにとっては実に心強いものです。

    最後はやはりステーションの多さ=使える車の台数の多さ。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_6.png


    色んな車をとっかえひっかえできるのがカーシェアリングの醍醐味だろ!とお思いの方もおられるでしょうが、そこはペーパードライバー。
    できるだけ同じ車種で経験値を積みたいので「徒歩5分圏内だけでステーションが3つ、内2つに日産ノートがある」という現状は非常に助かります。
    カローラフィールダーとかプレマシーとかの長~い車なんてとってもムリムリカタツムリ。
    走るだけならできても駐車場で果てること間違い無し!


    とりあえず使ってみた限り、タイムズカープラスのサービスには特に不満はありませんが、あえて難癖つけるとすれば「ステーションに利用者専用の駐輪スペースが欲しい事」でしょうか。
    近所なら自転車移動がほぼ標準の(一応)都民としては徒歩5分は意外とダルいですし、もし遠くのステーションしか予約が取れなかった場合でも自転車なら楽勝です。
    しかしその辺の路上駐輪のアレさ加減をみていると、ステーションに駐輪できる日が来るとは到底思えません。駐車場って結構狭いし。

    そんな訳でして、パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない理論からにわかに折り畳み自転車が欲しくなってきた自分がいます。
    好き物の同僚からDAHONというブランドのカタログを見せて貰ったせいもありますが。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_7.JPG


    9月には教習所での脱ペーパードライバー講習のラストを飾る高速道路教習が待ち受けているので、もうちょっとだけお勉強に集中集中。
    折り畳み自転車の件は、もうしばらく寝かせて考えてみましょう。


    うーんボードウォークD7っていうの格好いいなあ。

    20160828_nestsspaceblog_PaperDriver_8.JPG


    【関連記事】
    管理人nestの脱ペーパードライバー日記1

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記2

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記3 ~そろそろ路上へ出てみよう~ 

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記4 ~タイムズ カー プラスに入会しました~
     
     
     
    スポンサーサイト
    1. 2016/08/28(日) 20:16:35|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記4 ~タイムズ カー プラスに入会しました~

     
    すっかり夏休みも後半戦、関東地方はトリプル台風とか不穏な空気が流れています。
    明日無事に出勤できるか今からかなり不安です。

    さて今回は手軽に車を借りられるサービスとして、以前から注目していたカーシェアリングに申し込んできた件のまとめをお送りします。

    20160821_nestsspaceblog_PaperDriver_TOP.JPG


    教習所のペーパードライバー講習も残すところは高速道路のみ、そろそろ教習所を離れ公道での経験値を積んでいきたい所です。
    しかしそこはペーパードライバーなので、当然手持ちの車はなし。
    そこで近所のレンタカーも含めて色々探した結果、最終的にタイムズのカーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」に入会する事としました。

    理由としては
    などなど良いと思える点が色々あったためですが、やはり一番の決め手は「自宅から徒歩5分程度の距離に車を借りられる拠点(ステーション)が複数ある」事でした。
    自宅~車まであまり遠いとめんどくさくなっちゃいますし、できればステーションが違っても同型の車に乗れる方が楽なんじゃないかと。
    近いは正義です。

    タイムズ カー プラス入会完了後


    以下が、入会完了時に渡されたもの一式。利用者カードは勿論、利用方法のまとめであるガイドブックも重要ですね。

    20160821_nestsspaceblog_PaperDriver1.JPG


    インターネットで事前の手続きを済ませてから訪れましたが、それでも当日は事務手続きと説明、利用上の注意など合わせて一時間くらい掛かりました。
    時間は掛かりましたが、ネットと違って使用機器の現物を見ながらじっくりと説明を受けられる店舗は何かと安心感がありますね。

    と言ってもあまり複雑な内容もなく、取り立てて言うならば「事故を含め何かトラブルがあったら対応窓口にヘルプコールする」位でしょうか。

    車の予約はPCサイトまたはスマホアプリ「タイムズカープラス クイック検索」を使用しますが、スマホアプリの出来がすこぶる良いので軽く紹介。

    20160821_nestsspaceblog_PaperDriver2.png


    GoogleMapをベースに各種情報を表示するタイプのよくあるアプリで、表示情報を絞っているという事で動作が素晴らしく速い!
    地図をヌルヌル動かすだけで、近所のステーションの場所および空き状況(黄色=空き有り、白=空き無し)をすぐに表示してくれます。
    また予約可能な車種が画面下部に表示される際、定員やガソリン残量などの車両情報が分かるのは車に疎い管理人には実に嬉しい機能です。ガソリン減ってて給油メンドイからこの車やーめたって事もできます。

    PCサイトからの予約でないと使えない機能も一部ありますが、総じてスマホアプリとしては理想的と言えそうです。
    勿論、請求予定金額だってちゃんと表示してくれますよ。



    手続きが無事済んだので、次はいよいよ初のカーシェアリングに臨んでみます。
    使用する車種は教習車が日産だった事と、コンパクトサイズである事から日産の「ノート」辺りが良さそうかな。
    一人で運転するのは想像しただけで緊張しますが、見慣れたご近所周辺なら何とかこなせるでしょう。たぶんおそらくきっと。

    【関連記事】
    管理人nestの脱ペーパードライバー日記1

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記2

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記3 ~そろそろ路上へ出てみよう~
     
     
     
    1. 2016/08/21(日) 22:30:52|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    管理人nestの脱ペーパードライバー日記3 ~そろそろ路上へ出てみよう~

     
    教習所を出て街に出よう。
    "わ"ナンバーの若葉マークで。


    20160813_nestsspaceblog_PaperDriver.JPG


    夏休みもそろそろ中盤、学生時代なら溜まった宿題が頭をよぎり始める時期ですね。
    [前回][前々回]に続き、第三回目の脱ペーパードライバー日記をお送りします。

    ペーパードライバー講習を受け始めてからそろそろ2ヶ月。

    少しは進歩したらしく路上走行もだいぶスムーズになり、あれほど苦手だった駐車も何とかこなせるようになってきました(教習所出たらどうだかわからないけどね)
    勿論、標識の覚え直しも順調です。日頃から街中の道路標識を眺めては「ああここは駐禁だ」「毎日通ってるこの道、一方通行だったのか」などと意識するようにしています。
    他にもJAFのサイトにある初心者ドライバー向け情報もチェックするようにしています。やはり動画はわかりやすい!

    高速道路での講習はまだ受けていませんが、今は恐ろしく混んでそうですから夏休み明けにでも行えばいいでしょう。
    という事で、そろそろ路上に出没する準備を進めていこうかと考えております。
    "わ"ナンバー+若葉マーク+ペーパードライバー上がりというメガトン級の核地雷が東京23区内に放たれる形となりますので、見掛けたらどうか生温かく見守ってください。

    もっともウチには車はないので、まずはご近所のレンタカーやカーシェアリングの検討が必要です。
    タイムズのカーシェアリング用ステーションが近所に2つあるという立地上、十中八九タイムズになりそうな気はしますが。
    早いとこ路上へ出て、自由に車を乗り回せるようになりたいものですね。
     
     
     
    1. 2016/08/13(土) 21:24:40|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    PostgreSQLのinitdb時にエラー"Data directory is not empty!"が発生した際の対処

     
    PostgreSQLのインストール/アンインストールを繰り返していたら、エラー"Data directory is not empty!"が発生してinitdbが行えなくなった場合の対処。
    環境は「CentOS6.8」「PostgreSQL8.4」。

    エラーの通り古いデータディレクトリが悪さをしているので、名称変更してから再度initdbする事で解消できる。
    # service postgresql-8.4 initdb
    Data directory is not empty!

    # cd /var/lib/pgsql/8.4
    # ls
    backups data pgstartup.log

    # mv data data_20160808old

    # ls
    backups data_20160808old pgstartup.log

    # service postgresql-8.4 initdb
    データベースを初期化中: [ OK ]

    【2016/08/09追記】
    initdbの完了後は[/var/lib/pgsql/8.4/data/pg_hba.conf]、[/var/lib/pgsql/8.4/data/postgresql.conf]などがデフォルトに戻っているので、再度調整する事。

    PostgreSQLを使いたいソフトもPgAdminも繋がらなくなって、はじめて気付きましたとさorz

     
     
    1. 2016/08/08(月) 22:38:04|
    2. PostgreSQL
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    PS4 Bloodborneクリア

     
    淀みと穢れと血にまみれた街、ヤーナムで僕と握手!!

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_TOP.jpg



    ようやくBloodborneを本編クリア+聖杯ダンジョンコンプしたので更新。
    過去記事:[ようやく来た来たPS4]でも軽く紹介したBloodborneについて、軽いネタバレを含みつつ紹介と感想を述べていきたいと思います。

    本作はPS3の名作アクションRPG、デモンズソウルに始まるソウルシリーズの血を受け継ぐ作品です。
    アクションRPGはアクションゲームとして動かしていて楽しいか、かつRPGとしてもバランスが取れているかなど調整の難しいジャンルですが、Bloodborneはどちらの点においても高いレベルでまとまっています。

    特にアクション面での爽快感はソウルシリーズの中でも正に格別。本作の象徴的な要素である"仕掛け武器"と銃器を駆使して縦横無尽に立ち回る狩人の闘いは、ソウルシリーズで巨大な剣と盾を担ぎ、重鎧をまとってノシノシするのとはまた違った魅力に溢れています。

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_1.jpg


    またソウルシリーズにありながら、本作の魅力には旧作と異なるアプローチによって生まれた部分が少なくありません。

    管理人が一番驚いたのは、本作には装備重量の概念がない事。
    このお陰でどんな重量武器だって持ち放題、デメリットも特に無し!
    常に重量との闘いだったソウルシリーズ(他のフロムゲー含む)と違い、慣れてしまうと快適そのもの。狩人マジバケモノ。

    次に武器の持ち手の固定化
    右手は変型により全く性格の異なる2形態を使い分け可能な仕掛け武器、左手は弾数制限のある銃火器などの補助武器と完全に決まっています。
    両手に同じ武器を持つなど出来た旧作に比べて一見自由度が下がっていますが、武器変型による性質変化や変型しながらの特殊攻撃、そしてチャージ攻撃などアクション面で磨きがかけられているため、実際は旧作以上に色々できるようになっています。
    どの武器にもオンリーワンな個性があり、さらに性能的にも産廃といえる物が殆ど無いとあって武器選びが実に楽しいです。

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_2.jpg


    他にも回復アイテムの専用ボタン化、アイテムスロット周りの快適化などの様々なアプローチにより、Bloodborneはこれまでのソウルシリーズとは似て非なる、よりアクション性の強いゲームに仕上がっていると言えるでしょう。

    難点はフロムゲーの例に漏れず序盤の難易度が特に高い事ですが、アクションRPGなのでアクションがイマイチ苦手でも、しっかりキャラクターを強化すれば難易度は相応に下がります。
    ある程度本編を進める事で聖杯ダンジョンという、キャラクター・装備強化用のランダムダンジョンへ自由にアクセスできるようになるため、難敵に悩まされた時はそこで鍛えてみる方法もあります。

    さらにどうしても無理という時はオンラインで他のプレイヤーに助けてもらうなど、純粋なアクションゲームにはない抜け道もあるので投げてしまうには及びません。
    ソウルシリーズのファンはとうに遊び倒している方が大半でしょうが、まだPS4を持っていない人や、そしてこれまでのソウルシリーズが今一つ肌に合わなかった人にもBloodborneは是非手にとってもらいたい作品です。

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_3.jpg




    ここからはゲーム全体の世界観、雰囲気について。

    前半はタイトル絵通り陰鬱な町を舞台に獣の病と呼ばれる奇病の罹患者と闘う、『ジェヴォーダンの獣』などの中世映画な感じです。

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_4.jpg


    が、物語の核心に迫るにつれ雰囲気は一変、宇宙の深淵や忌まわしき邪教の儀式、そして神話生物といったホラー、クトゥルフ的な要素がどんどん強まってくるんですね。
    ソウルシリーズの中で最も強くクトゥルフ感を前面に押し出してるんじゃないでしょうか。

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_5-1.jpg


    しかしそんな神話生物に対して一歩も退かずに回転ノコギリで切り刻む、片手持ちしたガトリングガンで蜂の巣にする、あまつさえ素手で内臓引きずり出してブチまける(非人間とはいえ妊婦のお腹にまで)などなどバイオレンス全開な狩人の業を見ていると、管理人にはホラーというより永井豪とか石川賢がちらついてきます。

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_6.jpg


    という訳で、管理人的にはBloodborneは神話生物と楽しく殴り合うゲームとなりました
    特にDLCエリアは本作のあらゆる楽しさをぎゅりぎゅりと濃縮した素晴らしい出来栄えなので、もしもこれから始めるなら完全版一択でしょう。
    プレイヤーのSAN値もガリガリ削られますけどね!

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_7.jpg


    ヤーナム野郎、そして地底人の一員として、新たな狩人の訪れを心よりお待ちしております。
    この街を清潔にいたしましょう…



    ■おまけ
    一見恐ろしげだが超貴重な真人間かつどこまでも優しいアイリーン先輩。
    服も武器もステキですが、イベントも進めず奪いとろうなんて考えてはいけません。

    20160802_nestsspaceblog_Bloodborne_8.jpg



     
     
     
    1. 2016/08/02(火) 23:04:49|
    2. GAME
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    管理人NEST

    Author:管理人NEST
    nEST's SPACEへようこそ。
    書きたい事を適当に書き連ねています。
    HPもよろしく。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (1)
    GAME (20)
    雑記 (40)
    PostgreSQL (5)
    Windows (35)
    サイト運営 (6)
    MANGA (1)
    スマートフォン (18)
    Oracle (3)
    健康 (1)
    Linux (11)
    仮想化 (1)
    車 (5)

    ブログ用カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する