nEST's SPACE-Blog

    コンピュータ、自転車、旅行などが主なテーマの日記帳です

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    Oracle12c以降でユーザーパスワードを無期限化するSQLまとめ

     
    Oracleは11g以降、作成したユーザーにパスワードの有効期限がデフォルトで設定されるようになった。
    パスワードの有効期限が切れるとOracleを使うタイプのソフトが軒並み動かなくなってしまうので、それはもう大変な事に。

    当エントリーでは、Oracle12c(12.1.0.2.0)でパスワードを無期限化するコマンドについてまとめる。
    なおSQLなので、11gでも同じように使えるし今後も応用効くはず。

    作業手順


    まずsysdbaでログインして下記SQLを実行し、パスワードの有効期限を確認する。
    11gまでは1レコードだったが、12cだと「180」「60」の2レコード出ている事が分かる。
    SQL> select resource_name,limit from dba_profiles where resource_name='PASSWORD_LIFE_TIME';

    RESOURCE_NAME
    --------------------------------
    LIMIT
    --------------------------------------------------------------------------------
    PASSWORD_LIFE_TIME
    180

    PASSWORD_LIFE_TIME
    60

    パスワード有効期限でヒットしたリソース名を確認すると、「RESOURCE_NAME=DEFAULT」と「RESOURCE_NAME=ORA_STIG_PROFILE」の2つだと分かる。
    SQL> select * from dba_profiles where resource_name='PASSWORD_LIFE_TIME';

    PROFILE
    --------------------------------------------------------------------------------
    RESOURCE_NAME RESOURCE
    -------------------------------- --------
    LIMIT
    --------------------------------------------------------------------------------
    COM
    ---
    DEFAULT
    PASSWORD_LIFE_TIME PASSWORD
    180
    NO


    PROFILE
    --------------------------------------------------------------------------------
    RESOURCE_NAME RESOURCE
    -------------------------------- --------
    LIMIT
    --------------------------------------------------------------------------------
    COM
    ---
    ORA_STIG_PROFILE
    PASSWORD_LIFE_TIME PASSWORD
    60
    NO

    「ORA_STIG_PROFILE」の素性を調べた限り問題なさそうだし、DEFAULT・ORA_STIG_PROFILE両方ともパスワード無期限化する。
    SQL> alter profile DEFAULT limit PASSWORD_LIFE_TIME unlimited;
    SQL> alter profile ORA_STIG_PROFILE limit PASSWORD_LIFE_TIME unlimited;

    SQL実行後に結果を確認。すべて無期限化できているので作業完了。
    STIG要件ガン無視とかどうなの?と思われるかもだが、社内専用システムだしまあ良かろう。
    SQL> select resource_name,limit from dba_profiles where resource_name='
    PASSWORD_LIFE_TIME';

    RESOURCE_NAME
    --------------------------------
    LIMIT
    --------------------------------------------------------------------------------
    PASSWORD_LIFE_TIME
    UNLIMITED

    PASSWORD_LIFE_TIME
    UNLIMITED

     
     
     
    スポンサーサイト

    テーマ:データベース - ジャンル:コンピュータ

    1. 2018/04/25(水) 23:02:42|
    2. Oracle
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    Power2Go「不明なエラーが検出されました(Error Code : 0xeb020be2)」への対応

     
    社用PCのWindows8.1 Proにインストールされている、CyberLink Power2Goでのディスク書込み時に「不明なエラーが検出されました。」と表示され、データやメディアを問わずエラー中断するようになった。

    20180415_nestsspaceblog_CyberLink_Power2Go_error_0xeb020be2


    [ログの表示]ボタンから表示される、ログの末尾には下記の記載が。
    10:32:19, File(cl_DataBurning.cpp), Line(455)
    -> Burning Fail, ErrCode: 0xeb020be2

    ==================================================================

    Error Code : 0xeb020be2

    ついでにこの現象、内蔵光学ドライブでだけ発生し、かたや外付け光学ドライブでは正常にディスク書込みができる。
    デバイスマネージャーでは何のエラーも出てないけど、こりゃ内蔵光学ドライブの故障かな。

    読込みはできるけど、使い古したノートPCで他の不調も出てるしそろそろ買い替えますかね。
     
     
     
    1. 2018/04/15(日) 16:35:19|
    2. Windows
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ダッシュアルテナでゆくお花見ライド

     
    今回はすっかり花見ライドとなった、ダッシュアルテナデビュー戦(計2回)を掲載します。
    もうだいぶ桜吹雪、まだ花見に行けてない人は急げ!

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_TOP.jpg


    デビュー戦1回戦 in 江戸川CR:寅さん記念館~築比地浄水場


    ダッシュアルテナ初陣は、フル自走で江戸川サイクリングロード。
    まずは寅さん記念館近くで行楽客もまばらな桜を楽しみ、ご近所さんの柴犬と戯れる。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_1.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_2.jpg


    寅さん記念館からは、CR沿いにずっと北上するルート。
    コース自体は単調ながら満開の桜と菜の花に迎えられ、最高の景色と香りを楽しむ事ができた。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_4.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_5.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_10.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_11.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_12.jpg


    できれば関宿まで行きたかったが、3月のインフルエンザ以来長引く鼻炎の悪化と強風でヘタレたため、築比地浄水場の桜で引き返す事に。
    鼻呼吸が殆ど出来ない状態での帰路はだいぶしんどかった。
    肺がんを患い、ちょっとした事で息切れしていた母の気持ちがちょっとだけ分かった気がする。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_13.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_14.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_15.jpg


    それでも春は満喫できたし、松伏のそば店、桂で頂いた鴨南蛮がとても美味しかったので良しとしよう。
    鴨の良い出汁が疲れた体に染み渡る!

    こちらのお店は表にサイクルラック、その隣にトイレと手洗い場と自転車乗り向けの設備がすごく充実しているのも特長。
    駐輪場も桜の下とかちょっとロマンチックだし、その辺には丁度見ごろの桜もたくさん。
    地元にあったら絶対通うな、これは。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_6.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_7.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_9.jpg




    江戸川CRは下道がほとんど未舗装路のようなので、関宿リベンジはSLATEに任せてみようか。
    ふふふ楽しみが増えたな!

    デビュー戦2回戦:熊谷桜並木~加藤牧場~荒川CR


    今回のお目当ては熊谷の桜並木。
    始発輪行、熊谷駅下車からの桜並木観察。
    その後は南下して加藤牧場、最後は東へ向かい荒川CR南下で帰宅というルート。

    車内の様子。
    ハンドルいじらない場合でもたたまないベビーカー位のサイズなので、大して混んでない路線なら大丈夫。
    そういえば行きのみ輪行、帰り自走は初かも。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_16.jpg


    熊谷桜並木の様子。朝7時を過ぎ地元の方が沢山。
    なので自転車は押し通る押し歩く。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_17.jpg


    縁日とかもあってお祭りムード満開、時間誤れば輪行どころか自転車での通り抜けさえ怪しそうだし、こんな風に過ごせたのは贅沢贅沢。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_18.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_19.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_20.jpg





    1kmほどの熊谷桜並木を上熊谷までテクテク辿る。
    桜の足元を菜の花が固める、熊谷桜並木の布陣は素晴らしいの一言。まさに格別。
    川守地蔵から橋を渡り、いざ加藤牧場。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_21.jpg


    途中で妙安禅寺 馬頭観世音でトイレ休憩と参拝。
    予定になくても、こんなの見えたら止まらずにはいられない。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_22.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_23.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_24.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_25.jpg




    加藤牧場までの眺めもなかなか。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_26.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_27.jpg


    熊谷桜並木から走ること約1.5時間、加藤牧場へ到着。
    11時前には着いたが、それでも結構な混雑ぶりに人気のほどが伺える。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_28.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_29.jpg


    頂いたのは休日限定の石窯ピザ。
    時間は掛かるが確かに旨い、旨いぞ。
    ランチ頼むと牛乳一杯無料も嬉しい、牧場だけあって牛乳もひと味違う。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_30.jpg


    サイクルラックあって、中で美味しい食事頂けて、さらにお土産も充実(今回はパウンドケーキにした)など加藤牧場レベル高し。
    榎本牧場と違って、乳牛はじめ動物が見れない様子なのは唯一残念かな。

    今回は行ってないけど近隣のたまごのきもち、サイボクハムなどと併せ、純粋に観光スポットだね。

    ]


    荒川CR経由で帰宅するため、加藤牧場から東へ向かい、川越を抜ける事に。
    川越は人も車もびっしり、写真は忘れた。
    渋滞すごいし、自転車以外で来る方がいいかもしれん。

    そして帰り道でもお花見スポットがちらほらと。
    さすが彩の国(さいのくに)さいたま。
    良いところじゃないですか。

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_31.jpg

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_32.jpg


    ダッシュアルテナとりあえずの感想


    ダッシュアルテナを一言で表すならフツー。呆れるほどフツーの自転車。
    この良い意味で呆れるほどフツーでいっそ退屈な感じ、タルタルーガでも味わった気がするな。


    少なくともこれまで挙げていた課題は完璧にクリアできているし、低速でまったり観光も高速でかっ飛ばすのも自在な頼れる一台だと良く分かった。

    規格がどうとかパーツがどうとか、難しい話はまた今度。

    桜と共に春はゆく
    春は散ってゆく

    なんてね

    20180403_nestsspaceblog_DashAltena2018_LAST.jpg
     
     
     

    テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

    1. 2018/04/03(火) 23:22:42|
    2. 自転車旅行
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    レアンドロ・エルリッヒ展とジャンプ展Vol2に行ってきました


    六本木は森ビルで開催された、レアンドロ・エルリッヒ展とジャンプ展Vol2に行ってきました。
    たまにはこういう所も良いものです。

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_1.jpg


    レアンドロ・エルリッヒ展、また日本でやって欲しい!


    レアンドロ・エルリッヒはアルゼンチンのアーティスト。
    『大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。』との紹介通り、この展示会は人間の錯覚や思い込みを逆手にとった出し物ばかり。

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_5.jpg


    初見では「ナニコレ?」となる事間違いなし。
    そしてじっくり観察したり作品紹介を見て「なるほど!」と膝を打つ。
    テレビで良く出てくる脳トレとかアハ体験もこのお仲間でしょうか。

    展示会はこの繰り返しとなるので、写真で見るだけだと、面白さの半分も伝わらないのが残念なところ。

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_4.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_6.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_7.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_8.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_9.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_10.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_11.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_12.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_13.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_14.jpg


    開催は4/1まで、ギリギリですが行ってみないと分からない驚きに満ちているので是非オススメしたいです。
    なお残念ながら、プールの底に入る出し物は金沢に行かないと見れません。

    こちらは本展とは別の常設展示。

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_15.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_16.jpg


    ジャンプ展 Vol2で懐かしさにシビレル


    続けて、言わずとしれた日本の超メジャーマンガ雑誌、ジャンプワールド全開!な展示会へGo。
    時間によっては、下まで戻らずとも52Fの総合案内でチケット売ってくれます。
    ここ重要。

    一歩足を踏み入れれば、週刊紙のページが文字通り壁を埋め尽くす異空間。
    管理人はドラゴンボール、ぬ~べ~、ダイの大冒険、幽々白書、スラムダンク、こち亀世代なので、このVol2はストライクゾーンど真ん中!

    一部はネットスラングなどで今でもネタにされてたり、最近まで流してたドラゴンボール超も面白かったりと計り知れないパワーの片鱗に触れてきました。

    撮影許可エリアはごく一部でしたが、大興奮な一時を過ごせました。

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_17.jpg


    また驚いたのがその男女比率。ほぼ半々。
    少年誌だけど女性だけのグループも一杯一杯、この世代でもマンガの影響力は男女を問わなかった様子。
    そういえばアバン先生が倒れた回の後、女性ファンからの抗議の手紙が殺到したとか単行本に書いてあったっけ...

    主催者の方針か、ギャグマンガ系のオープニングソングもかなり流れていた事も印象的。
    てんてんくんは×ンコ連呼だし、すごいよマサルさん!はその濃さが近隣ブースまで侵食している。
    おかげで、ブログ書いてる今でもマサルさんのオープニング(PENICILLIN ロマンス)が頭から離れん。

    早く図書館から届かないかしら。


    ラストは漫画家先生たちの寄せ書き。
    当時の思い出から、現在の活動まで色々あって読みごたえあります。

    とりあえず冨樫先生は、鬼籍に入らない内に完結させてくれませんか。あるいは冨樫金返せ。

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_18.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_19.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_20.jpg

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_21.jpg


    出口のお土産ブースも盛況でしたが、この手のグッズはあまり興味湧かんなー。
    帰ってからジョジョ第三部(電子版)は全巻買ったけど。

    なお入場特典ステッカーは両さんでした。創作物には当時の世相が反映されるものだけど、時事ネタ満載で長期連載だったこち亀はもはや歴史資料では?

    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_23.jpg


    こちらのジャンプ展Vol2は6月17日までで、以降はVol3へ入れ換えです。
    Vol2が見たい人は はしれはしれはしれ いそげ


    20180328_nestsspaceblog_LeandroErlich2017_JUMPVol2_22.jpg
     
     
     

    テーマ:日記 - ジャンル:日記

    1. 2018/03/28(水) 20:36:52|
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    DAHON ダッシュアルテナ(2018イエロー)よこんにちは

     
    サイクルハウスしぶやさんから、ダホンのダッシュアルテナ2018(キャナリーイエロー)がやってきました。待ちくたびれぜ!

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_TOP.jpg


    これまでの経緯もあり、最初からフルカスタム済みで原型を留めてません。吊るしのレビュー欲しい人はごめんなさい。

    管理人的ダッシュアルテナのコンセプトは「ママチャリマシマシロードヌキタイヤヤワメ」。
    それではご覧下さい。


    バイバイドロハンようこそブルホーン


    街乗り比率高めの車体にドロハンは不要、そこで個人的にフラットより使いやすく楽しいブルホーンへ変更。

    基本的にホライズ後期版と同じだが、色合わせとゆる~いポジション出しのためにシルバーのブルホーンハンドルと60mmステムを新調。
    シフターとブレーキレバー、バーテープはホライズから続投。
    ブラケットポジションから繊細なブレーキもフルブレーキ(やらないけど)も可能だし、やはりブルホーンは良い。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_1.jpg


    フロントシングルで絶対チェーン落ちしないマンを目指す


    ホライズにもバッシュガードは一つ着いていたのだが、ワーストで一日5回のチェーン落ちを経験している。
    楽しい時間が台無しになるチェーン落ちはもう嫌、シングルでダメならダブルだっ!と少年マンガなノリからバッシュガードはダブルで装着。
    ドミノによりフロントシングルに、チェーンリングは53→52Tとなった。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_2.jpg


    フロントシングルとはいえリアディレイラーとスプロケット(11T-34T)はホライズから続投なので、ギア比はホライズより落ちている。
    ミニベロで前52T×後34Tなら、まあだいたいのシーンで不安はあるまい。


    管理人はミカジマ信者


    ペダルはMKSのラムダをセット。以前ホライズで使っていたオールウェイズと同等の踏み面に加え、あると嬉しいリフレクターを標準装備。街乗り/ツーリング用途にはまさにうってつけ。
    なお写真は上がラムダ、下がオールウェイズ。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_3.jpg


    なお、この白黒パンダカラーはショップがメーカーに特注したスペシャル品。気になる人はBluelugをチェック。


    MAXXIS BMXタイヤの実力やいかに?


    タイヤはBMX用のMAXXIS DTHをチョイス。太さは28C相当。
    低圧運用にも強いかも?と期待してるが、パターン的にめっちゃ小石とか土とか詰まりそうでちょっと攻めすぎか?という気もする。
    まあシュワちゃん(注.シュワルベ)ばかりも飽きたのでいいか。
    でもこの「MAX LOAD 50kg」ってなんでしょーねー?純粋に興味あるな。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_4.jpg


    ついでにパンク防止のお守りとして、チューブにシーラント入れとく。
    これはSLATEチューブレス化計画の影響、いずれそちらも記事にせねばならんね。





    仕上げにママチャリ遺伝子ドーン


    リアキャリアやフェンダー、スタンドも着けて普段使いとツーリングに死角無し。
    ロード脳とかいうカルト宗教上の理由から所謂ママチャリ装備が採用できない人間は哀れだなぁ、んん?(突然の上から目線)

    フェンダーは純正でなく、ギザプロダクツ製。フロントはMR4Rから唯一引き継いだ105ブレーキ(BR-5800)をポン着けできたが、リアはフェンダーをちょっと削る必要があった。
    手間がかかった甲斐あって、ブレーキは超気持ちいいし、雨上がりにも我慢せずお出かけできる。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_6.jpg

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_7.jpg

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_8.jpg


    ついでにかごもホムセン産の重たいのからWALDの37バスケット(実測540g)に交換。
    中空製法なおかげか前よりサイズアップしてるのに300g以上軽くなってるとか、やはり定番品には理由があるね。
    なお、輪行ではキャリアごと大型サドルバッグに換装予定。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_9.jpg


    勿論折りたためるのだ


    ダッシュアルテナは折りたたみ自転車である。
    右側面は目立たないが左側面はしっかり折りたたみしており、ボルト二本を緩める事で鯖折れる(ロックジョーシステム)。
    ちなみにお店の方曰く、このロックジョーシステムは高いフレーム剛性など走りの面で大いに貢献する代わり、ホライズとかのレバー式に比べて調整がちょっと難儀らしい。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_10.jpg


    車体底面のミニスタンドのおかげで折りたたみ状態でも自立するが、写真のように「右クランク角度を10時」で調整しないとフレームに傷が入る模様。
    輪行時は暴れないよう縛っておかないと危険かもね。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_11.jpg

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_12.jpg


    ついでにヒンジ部分も結構鋭利。ここも養生した方がいいかな?

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_13.jpg


    ステムを横向きにすればさらにコンパクトになるが、まあハンドルばらさないMR4Rとほぼ同じサイズだし、オーストリッチSL-100なら余裕だろう。

    また、アルテナは付属品も結構豪華。
    携帯用Y字工具は嬉しいし理解できるが、フルサイズ六角レンチ(映し忘れた)とタッチペンまで着いてきたのは何故か笑える。
    ホライズとは明らかに差別化してますなー。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_14.jpg


    でもロックジョーシステムのメンテナンス方法まで載せているので許す!!

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_15.jpg


    ダッシュアルテナ2018総括


    ショップの方にあれやこれやと注文を付けまくった結果、管理人のダッシュアルテナはガチなんだかユルいんだかよーわからん1台となった。
    内心ではザッシュ(雑種)アルテナと呼ぼう。
    あるいはルート化したアルテナだからアルート


    最後は自分で細かく調整し、とりあえず街乗り仕様はこれで完成!
    シートポストレバー近くにはショップのステッカー。
    ショップのステッカーは、日頃の感謝を込めて特等席に貼るのが管理人のポリシー。

    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_16.jpg


    さてタルタルーガとかタイレルとかリーチとか並みいるライバル達が、独自のサスシステムや毛並みの良さ、ロード的な高い走行性能をアピールしてるのになんで地味なアルテナを選んだかって?

    男なら穴がある方(拡張性の高い方)がいいに決まってるだろ!
    それもアルテナのは「キャリア・フェンダー・スタンド用のダボ穴全部あるよ!でも純正オプションは出してないから、適当なの探してちょーだい」っていう超超ガバ穴。

    流石DIYの国アメリカ。おおらかってこういう意味だっけ?と時々疑問に思う。
    だがそれがいい、やっぱりダホンがナンバーワン!
    おりしもサイクリングシーズン真っ盛り、さあどこへお出かけしようかな?




    黄、黒、銀。なにやらデジャヴなダッシュアルテナのキャナリーイエロー。
    ああ、オルファのカッターだ。
    完全に一致。


    20180321_nestsspaceblog_DAHON_DASHALTENA2018_LAST.jpg
     
     
     

    テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

    1. 2018/03/21(水) 20:02:58|
    2. 自転車
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    管理人NEST

    Author:管理人NEST
    nEST's SPACEへようこそ。
    書きたい事を適当に書き連ねています。
    HPもよろしく。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (1)
    GAME (20)
    雑記 (46)
    PostgreSQL (7)
    Windows (37)
    サイト運営 (6)
    MANGA (1)
    スマートフォン (19)
    Oracle (5)
    健康 (2)
    Linux (14)
    仮想化 (3)
    車 (7)
    自転車旅行 (3)
    自転車パーツ・ウェア (2)
    自転車イベント (5)
    自転車 (14)

    ブログ用カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。