nEST's SPACE-Blog

    コンピュータ、ミニベロ、旅行などが主なテーマの日記帳です

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    デロンギのオイルヒーターを購入しました

     
    母へのプレゼントとして、デロンギ オイルヒーターを購入しました。

    応接間は石油ストーブで暖かくても、暖房器具の無い浴室兼トイレが寒くてたまらないと嘆くんですね。
    そこで浴室兼トイレ用の暖房としてオイルヒーターに白羽の矢が立ったという訳です。


    オイルと小宇宙(コスモ)は燃やすものと思っていましたが、オイルヒーターの仕事は電気で加熱したオイルを循環させて周囲をやんわり暖める事なので狭い場所でも安心。
    実際、オイルヒーターが体のすぐ近くに置いてあっても負担には感じません。

    20161225_nestsspaceblog_oilheater_delonghi1.JPG


    購入の決め手は下記三点。
    1. ストーブなどに比べて本体が高熱化しないので接触時の被害が少ない。もちろん転倒時には自動停止。

    2. 燃やさず、ファンヒーターと違って温風を出さないので寒さ対策のため閉めきった部屋でも、一酸化炭素中毒や乾燥を気にせず使える。

    3. 2/4/8時間タイマーでON/OFFできるため必要な時だけ暖かい。
      といっても暖かくなるまで時間が掛かるので、2時間ほど早めに点けるか点けっぱなしにする勢いは必要な様子。

    導入後ですが、今まで刺すように冷たかった浴室兼トイレ、特に床全体がほんわりと暖かくなった事は確かです。
    風呂の前後は撤去しますが、重量5.5kgと軽くて持ちやすいので楽ですね。
    石油ストーブも良い暖房器具ですが、これらの特長からオイルヒーターはより高齢者世帯向きと言えるかもしれません。



    ただ当原稿を書いている時点で、母は入院中。
    なので病室からのメリークリスマスです。
    去年に引き続きファミマのケーキでしたが、今年もなかなか侮れない味。

    20161225_nestsspaceblog_oilheater_delonghi2.jpg


    せっかくプレゼントしたオイルヒーターも今は自室・・・。
    忙しい年の瀬、皆様も風邪などひかないようにお過ごし下さい。
     
     
     
    スポンサーサイト

    テーマ:AV機器・家電製品 - ジャンル:ライフ

    1. 2016/12/25(日) 20:58:08|
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ミニベロで遊ぼう ~ミニベロにもマッチするカスクを購入しました~

     
    DAHON ホライズも小径ながらスポーツバイクの端くれという事で、遅まきながら人生初となる自転車用ヘルメットを選んできました。

    もっとも本格的なヘルメットを着けるには抵抗が抜けきらなかったので、安全性とカジュアルウェアとの親和性により多分に妥協致しましたが。


    20161209_nestsspaceblog_rinproject_Casque_TOP.JPG


    ミニベロにもマッチするヘルメットとは


    やはりスポーツ色全開!スピード一筋!という世界にいないミニベロには、バリバリのサイクルウェアよりもカジュアルウェアが似合うと思うんですよね。
    でも、そんなミニベロにスポーツ色・競技色の強いヘルメットってどうなのよ?







    という事でそれらを意図的に避けた結果、今回選んだのはリンプロジェクトのカスク

    俳優の火野正平さんが使っていた実績もあり、TOKYO Wheelsなどのセレクトショップにも取り上げられる定番商品の一つだそうです。

    20161209_nestsspaceblog_rinproject_Casque_1.JPG


    このカスクなら何とか普段使いができそうです。
    以下、諸々の感想。

    ミニベロで遊ぼう ~自転車の異常・異音はショップに相談しよう~

     
    愛用の自転車に異常・異音が見られたら、初心者は下手にいじるよりもショップへGOというお話。
    今回は解決までいろいろと迷走しました。


    ホライズの異音発生と管理人の迷走について


    購入からそろそろ三ヶ月経つホライズでの走行中、時々だがハンドルポスト付近から異音が聞こえるようになってきた。

    走行速度を上げるとカチ。
    歩道と車道を行き来する時の段差でガチガチッ。
    坂を降りきった直後にガチッ。

    まずは自分で見てみようと、リアキャリアをはじめ車体外部にある各部ネジの緩みをチェックするも異常なし。
    車体全体を一度畳んで展開し直すも解消されず。

    ブレーキや変速操作には異常が感じられなかったため、一体どこが悪いのだろうと音に意識をやりつつ走ること数回。
    異音の原因はアウターケーブルではないかと(誤った)判断をする。

    実際、車体に強い衝撃が加わった際にブレーキ・シフトケーブルが揺れ、Vブレーキ台座・フレームに接触している事が確認できたし、ブレーキ・シフトケーブルを手で弾いてぶつけてみると、走行中に聞こえるものと同じような異音がする。

    20161209_nestsspaceblog_minivelo_1.JPG

    20161209_nestsspaceblog_minivelo_2.JPG


    見つけたぞ下手人!と意気込んで、ちょっといいビニールテープケーブルプロテクターをセットでポチる。

    20161209_nestsspaceblog_minivelo_3.JPG


    でビニールテープを、ブレーキ・シフトケーブルがVブレーキ台座・フレームと接触している部分へやや厚めに巻き巻き。

    20161209_nestsspaceblog_minivelo_4.JPG


    フレーム外側にはケーブルプロテクターを装着。

    20161209_nestsspaceblog_minivelo_5.JPG


    ついでにリアキャリア取付金具と接する箇所にもキズ防止のため巻き巻き。

    20161209_nestsspaceblog_minivelo_6.JPG


    さあこれでどうだ!
    しかし全く異音は解消されず。
    えー・・・orz


    何事も困ったらプロに相談しましょう


    さすがに自力解決を諦め、購入後の定期点検お願い!とサイクルハウスしぶやさんへ泣きついた結果アッサリ解決。
    折り畳み部分を中心に、車体内部の増し締めとグリスアップを行う事で解決できたそうな。


    あー、開けてはみたが素人じゃ手に負えんと触らなかった部分だ。

    20161209_nestsspaceblog_minivelo_7.JPG


    結果だけ見れば、残念ながら管理人の対応は異音対策としては全くの見当外れだった様子。
    まあアウターケーブルにビニールテープ巻いたんだから、フレームとの擦れによる傷・汚れ防止くらいにはなるでしょうと強がってみるけど。

    やっぱりプロショップは頼りになりますな。
    しかし行く度にああしたい、こうしたいとムラムラしてしまう非常に恐ろしい空間なのもまた事実。
    もうすっかり頭の先までミニベロ沼にハマっているようなので、これからもよろしくお願いします。

    なお次回は同じくしぶやさんで購入した、ミニベロにもマッチするヘルメットについて掲載予定です。
     
     
     

    テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

    1. 2016/12/08(木) 23:50:31|
    2. ミニベロ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    CentOSのsedコマンドで改行コードCRLFを一括削除する


    最近はミニベロもといホライズしか取り上げてないけど、ちゃんとお仕事もしてますよというお話。
    今回はCentOSのsedコマンドを使って、改行コードCRLFを一括で削除してみます。

    環境


    CentOS 5.9 64bit

    現象


    ある日「外部システムから貰ったCSVファイルが自社システムへ取込めない」と後輩が騒いでいる。
    エラーを見てみると、貰ったCSVが事前に取り決めた構成(列数など)に合っていない事が原因らしい。

    そこで貰ったCSVを確認してみたら「ランダムに改行コードCRLFが混入して構成が崩れている」事が分かった。
    ■例.本来5行のファイルだが、市民Cの途中に改行コードCRLFが混入して6行になっている
    10000,市民A,シミンA,19990707,2,10000-0
    20000,市民B,シミンB,19990707,1,20000-0
    30000,市民C,シミンC,19990707,1,[改行コードCRLF]
    30000-0
    40000,市民D,シミンD,19990707,1,40000-0
    50000,市民E,シミンE,19990707,1,50000-0

    Excelのセル内改行的な操作でもしているのだろうか?
    相手方でCRLFが混入しないよう改修してくれれば楽なのだが、そう簡単ではない様子。
    当面はコチラ側で対応する必要がありそうだ。

    対処方法


    sedコマンドを使用してCSV内の改行コードLFを残しつつ、改行コードCRLFのみ一括で削除する運びとした。

    コンソールから実行する場合は下記でOK。
    # sed ':loop; N; $!b loop; ;s/\r\n//g' [読込元] > [出力先]

    ※"# cat [読込元] | tr -d '\r\n' > [出力先]"で試したらCRLF以外にLFまで消えて、全部1行になってしまったので没。

    ■実行前
    10000,市民A,シミンA,19990707,2,10000-0
    20000,市民B,シミンB,19990707,1,20000-0
    30000,市民C,シミンC,19990707,1,[改行コードCRLF]
    30000-0
    40000,市民D,シミンD,19990707,1,40000-0
    50000,市民E,シミンE,19990707,1,50000-0

    ■実行後
    10000,市民A,シミンA,19990707,2,10000-0
    20000,市民B,シミンB,19990707,1,20000-0
    30000,市民C,シミンC,19990707,1,30000-0
    40000,市民D,シミンD,19990707,1,40000-0
    50000,市民E,シミンE,19990707,1,50000-0

    定期実行したい場合はこれをシェルにでも入れて、Cronへ登録すれば大丈夫だろう。
     
     
     

    テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

    1. 2016/12/07(水) 23:23:02|
    2. Linux
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ミニベロで遊ぼう ~ベルは自転車の顔だ~

    小物使いはとっても大事、人も自転車もね


    前回のエントリーを作成中、ある写真を眺めていてどうにも違和感。
    で、しばらく凝視してその正体がようやく判明。

    ベルだ。
    スッキリしたハンドルの最中、ベルのトコだけシフター以上の高さでもっこり銀色している・・・。


    20161120_nestsspaceblog_minivelo_7.JPG


    これまでは全然気にならなかったけれど、一度気になってしまうともうダメ。
    ウヘヘもっとしっくり馴染むやつに買い換えよう、そうしよう。
    そこで登場したるはAmazonで漁ったギザプロダクツ スリムスポーツベル HOB06200

    20161129_nestsspaceblog_minivelo_1.JPG


    2つのシムの組み合わせにより、ハンドル径22.2~31.8mmまで対応可能。ホライズ純正ハンドルでは両方使用しました。
    なお取付には2.5mmの六角レンチが必要です。

    20161129_nestsspaceblog_minivelo_2.JPG


    いざホライズの初期品、NUVO NH-B405と交換してみる。
    初期品の幅33mmに対し、ギザのベルは幅24mm。
    数字上の差は約10mmとわずかですが、スリムスポーツベルを謳うだけあってギザのベルは非常にすっきりコンパクトにまとまります

    20161129_nestsspaceblog_minivelo_3.JPG

    20161129_nestsspaceblog_minivelo_4.JPG


    ベル一つでこうもホライズの面構えが変わるものか。
    うむ換えてよかった!





    なおホライズの初期ベルは、通勤用シティサイクルで第二の人生をスタートしました。
    ベルのおかげでこちらも男前になったかしら。

    20161129_nestsspaceblog_minivelo_5.JPG


    自転車のベルは色んな意味で使えない


    ギザのベル、Amazonレビューでは音が鳴らない欠陥品とか言われる事もあるようですが、手元のベルは仏壇にある鈴(りん)の如く澄んだ良い音を立てております。
    音質もおとなしく、かつ音量も非常に奥ゆかしいベルですがデザインが良いのでそれで良いのです。

    そもそも自転車用ベルは装着こそ義務付けられているものの、活躍の機会は実質ありません。
    車両に対しては絶対的に音量が不足していますし、居候の分際で歩行者様に対してベルを鳴らすなどもってのほか。

    そう、今のところ歩道における自転車の身分はあくまで「やむなく通行させて頂いている居候」
    なのでどうしても必要に迫られたならば、分をわきまえつつ徐行のうえ声掛けすれば良いのです。
    すみません、通りま~す!

    車道でも歩道でも安全運転を心掛けたいものですね。
    2016年もそろそろ大詰め、皆さまもどうかご安全に!

    蛇足


    Knogの新型ベルOiは買おうか迷っているうち、すぐに売り切れてしまったorz。



    まあこんな人気の品なぞ着けていたら、アッという間に盗まれて高値で流されるのがオチなので敢えて買わないと酸っぱい葡萄してみる。
    それに何となく類似品は買いたくないしね。

     

    テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

    1. 2016/11/29(火) 23:12:04|
    2. ミニベロ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    管理人NEST

    Author:管理人NEST
    nEST's SPACEへようこそ。
    書きたい事を適当に書き連ねています。
    HPもよろしく。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (1)
    GAME (20)
    雑記 (42)
    PostgreSQL (5)
    Windows (35)
    サイト運営 (6)
    MANGA (1)
    スマートフォン (19)
    Oracle (3)
    健康 (1)
    Linux (12)
    仮想化 (1)
    車 (7)
    ミニベロ (7)

    ブログ用カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。