nEST's SPACE-Blog

    コンピュータ、ミニベロ、旅行などが主なテーマの日記帳です

    茨城を自転車で旅行してきました ~後編~

     
    前回」に続き、MR4Rで巡る茨城輪行旅行二日目をお送りします。
    緑あふれる、茨城の里山風景の中を気持ちよく走ってきましたよ。


    途中で見かけたギャラリー。立ち寄ったが最後なんか変なオブジェを買ってしまいそうなのでスルー。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_TOP.JPG



    まずは一日のスタート、いづみ荘さんで朝ごはん。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_1.JPG


    全体に油控えめな健康メニュー、でもご飯そのものが美味しいからこれで十分。
    茨城なのに納豆が普通というツッコミはしない。
    あと早朝出発だと朝食の代わりにおにぎりくれるそうです。

    朝食後、お世話になった宿の方に別れを告げ、いざ出発。
    いづみ荘さんは設備は民宿として並ですが、これだけ美味しい食事が朝夕つけば全然いいですね。
    食べきれるか!って位大量に出てくる訳でもないですし。
    何より自転車を中に入れさせてくれるお宿は貴重です。ぜひ末永く続けてください。




    さて本日のルートですが、二日目は恋瀬川サイクリングロードを抜けてフルーツラインを北上、走ってみた結果次第で笠間駅か石岡駅から帰るか決めます。ザ・場当たり!
    里山カフェゆいてらすは営業開始11時なので昨日に引き続きスルー、県道7号を抜けフルーツラインへ。

    途中の直売所、恋瀬の里ではサイクルラックを見掛けたため、小休止と補給。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_2.JPG

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_3.JPG


    おばちゃんイチオシの揚げたてコロッケと味噌パンが旨い!

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_4.JPG


    お土産に何か果物、と思いましたがここは取扱無し。
    が、直売所のおばちゃんに宅急便が使える近所のブドウ園を紹介して頂いたため、恋瀬の里から東へ寄り道。




    途中で見かけて吹いた看板。鉄工所とブドウ園が両立するくらい、ここはブドウ栽培が盛んな土地らしい。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_5.JPG


    いくつかの坂を超え無事に石田ぶどう園さんへ到着、ご近所さん含めたお土産を郵送してもらう事に。
    ひと房自家用に頂きましたが、種もなく皮ごと食べられ瑞々しさたっぷり。実にいい葡萄でした。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_15.JPG




    ここら辺はいかにも里山という感じですっごく気持ちいいです。
    天候に恵まれたことに深く感謝。マイナスイオン全開。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_6.JPG

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_8.JPG

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_9.JPG

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_10.JPG


    しかしこの辺、ちょっと大きな道路だとダンプや大型車が結構通るのが玉に瑕。
    上りもそれなりにあるのでちょいちょい歩道に逃げましたが、路面状況はご覧の通り。
    こういうのも嫌いじゃないしむしろ結構好きですが、余裕かませるのは25Cだから?あとリアライト万歳。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_7.JPG


    寄り道から恋瀬の里に戻り、いよいよ笠間駅方面へ。
    そして途中の道祖神峠(どうそじん、ではなくどうろくじんとうげ)に標高?知らんなあ!状態で挑みましたが見事玉砕。
    道祖神峠は標高410mもあったんですね。大体半分登った辺りでギブアップ、押し歩きにシフト。
    車体や装備重量以前に、エンジン性能と登り方に問題がありすぎ。

    まあ道中見掛けた、道路中央を蛇行しまくりながら追い込んでる人なぞ下手に真似して、輪行含めた帰りで死ぬのは困ると言い訳するんですけどね。
    家に帰るまでが旅行なのだから、なるべく体力は残さねば。
    また、この辺りは車もそれなりに通るため写真を撮る余裕はなし。




    フルーツライン終了後も笠間駅まで気持ち良い里山風景が続きます。道は広くて路面もそう荒れてないので快適至極。
    締めは笠間駅近くの直売所「みどりの風めばえ」で舞茸おこわ、地元のお菓子屋さんの羊羮と甘食を購入。
    ベンチにて舞茸おこわと昨日の残りのあんパンで昼食、どれも美味しかったです。

    尚、この直売所も恋瀬の里のおばちゃん情報。ローカル情報は地元の人に聞くに限る。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_11.JPG

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_12.JPG




    ここまで済ませ、この時午後二時ちょい。
    走行欲、徘徊欲は十分満たされましたぞっと言うことで、14:59笠間発~16:50北千住着でいざ帰路へ。

    駅前でたたんでいると、意外と声を掛けられます。不審者扱いじゃなく、単に珍しがられてるだけだと思いたい。
    地元のお姉さんに車体の重量まで聞かれたのは今回が初めてです。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_13.JPG


    さらば茨城、また来る日まで。

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_14.JPG


    以上、人生初の輪行旅行、無事完了です。二日合わせて走行距離110kmほどと、走れる人なら一日で十分な行程でした。

    後日の疲労感も筋肉痛も殆ど無かった(ジムでの筋トレの方がよっぽど疲れる)ため、文字通りのゆるゆる旅行ですね。
    いくつかお目当てのスポットを逃したのは残念ですが、地元の人に色々聞きながらあちこち回るのもまた楽し。
    ウェストポーチで腰がかぶれたり、ビンディングシューズのクリートをより良い位置にしたらキャッチできてもリリースできなくて転倒しかけたなど装備面での課題も分かりましたし、楽しく有意義な旅だったと言えるでしょう。

    比較的東京に近いし、筑波山などもあるので茨城侮れません。
    次の狙いは弁当自販機で有名なあらいやオートと牛久大仏かしら。
    魅力最下位県とかぬかしてんのはどこのどいつだ?行こうぜ茨城!



    後日、MR4を掃除しようとしたら後輪が見事に裂けてましたorz
    高いパンク耐性がウリのデュラノがタイヤ・チューブもろともバックリ。
    旅行から家に帰るまでの間、何もなかったのはまさに不幸中の幸い。むしろ良く耐えてくれた!偉いぞ!

    20171016_nestsspaceblog_ibaraki_16.JPG


    帰ってから数日は何ともなかったのでいつ受けた傷か不明ですが、旅行中に未舗装路とか砂利道とか、遠慮も恥じらいもなく突っ込みまくったのが大方の原因でしょう。
    んー、もうちょっと走る場所を選ぶか?でも舗装路以外を走るのも楽しいし、ならば相応のタイヤやらそれが履ける自転車やらがベターかしら。

    おっといかんいかん、元々のシティサイクルと合わせて現在3台もあるのだ。
    ひとりもんがこれ以上自転車抱えてどーする。
    ただでさえ年末は母の一周忌やら美ら海沖縄のイベントやらお金が出ていくんだから自重せねば。

    しかしウェストポーチの代わりも気になるし、嵌めても外れにくくてたまらん=多分サイズ間違えてるビンディングシューズとかどうすっぺ...
    当分、自転車沼の中でもがく日々が続きそうです。
     
     
     
    スポンサーサイト

    テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

    1. 2017/10/16(月) 23:49:37|
    2. 自転車旅行
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    茨城を自転車で旅行してきました ~前編~

     
    早いものでもう10月も半ば、だいぶ秋めいて来ましたね。そんな中、ちょっと遅い夏休みと連休を利用して茨城へ行ってまいりました。
    実は輪行での霞ヶ浦一周は既に行っていたのですが、今回は現地に一泊するのです。
    自転車初心者が行く茨城一人旅レポ、どうぞ最後までお付き合い下さい。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_TOP.JPG



    今回の日程は、混雑が予想される霞ヶ浦エンデューロを避ける二日間。
    一日目、10月8日は土浦駅からちょっと離れた高浜駅近くのいづみ荘へ宿泊。他に道中、周辺を軽く観光。
    二日目は高浜~フルーツラインと呼ばれる里山地帯を抜け、笠間駅方面へ。帰りは体力や時刻に応じて笠間駅か戻って高浜駅。
    寄り道スポットも宿もサイクルスポーツの茨城特集が主なソースとなります。

    まずは最寄り駅から始発に乗り込み、北千住乗換で土浦へ。
    人の多い北千住駅でも、始発なら駅構内も電車内も快適です。
    ちゃんと列車最後尾に自転車を固定して椅子にも余裕で座れますし、ベビーカーに引きずり下ろされる事もありません。

    出発地点の土浦駅東口には自転車乗り向けスペースが設けられており、自転車の組立にもってこい。
    さらに空気入れに地球ロック可能なサイクルラック、更衣室に水道、表に出ればトイレにコンビニ飲食店と備品も設備も正に至れり尽くせり。
    JRさん謝謝。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_1.JPG


    さてブログの空白期間中、既に霞ヶ浦一周は済ませているため、今回は高浜~恋瀬川サイクリングロード方面へ舵を取ります。
    霞ヶ浦周辺は、車と釣り人にさえ気をつければかなり走りやすいです。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_2.JPG


    土浦駅を出て約20km、霞ヶ浦沿いにあるかすみマルシェでちょっと一息。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_3.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_4.JPG


    朝食はとってますし全く疲労もありませんが、こうした遠出の時には休める時に休み、食べられる時にしっかり食べる事が重要だと学びました。
    腹が減っては戦はできぬ!
    ホットドッグとジェラートを頂きましたが、ここのジェラートは濃厚で榎本牧場のより好みかも。ホットドッグもパンが香ばしくてかなり旨い。
    朝7時から空いてて味良し値段良しのお店ですので、土浦方面の定番にできそうですね。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_5.JPG


    電アシからクロス、ロードまで色々なレンタサイクルも行ってます。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_6.JPG


    霞ヶ浦サイクリングロードを北上、ほどなく恋瀬川サイクリングロードへ移りさらに北上。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_7.JPG


    恋瀬川サイクリングロードは道幅狭く、路面状況微妙で前日雨だったため障害物も多数。
    でもけなしてるんじゃありませんよ、童心に帰って砂利道を泥しぶき上げながら走るのってたーのしー!
    泥まみれになってもその辺の草で拭けばイーのだ。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_8.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_9.JPG


    旧坂や薄暗い道を抜けつつ、一時間くらいで恋瀬川サイクリングロードの終点、石岡市八郷庁舎内へ無事到着。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_10.JPG


    石岡市八郷庁舎内には里山カフェゆいてらすというレストランがありますが、残念ながら日曜休日。
    お昼ご飯はここで、と思っていたので調査不足を嘆きます。

    さて、これまで当ブログを見ていただいていた方は、自転車が違うぞと気づいたかも。
    そうです、今回の旅行ではDAHON ホライズ(2016)ではなくGIANT MR4R(2017)を使用してます。
    雑誌で見かけ気になっていた所に2017年で廃版との報を受け、せっかくだから買わずに後悔するよりは買って後悔する方を選ぶぜ!という事で近所の「遊輪舎さん」で購入しました。
    この時点で約1000kmは乗れており、それなりに馴染んでおります。あわせてヘルメットやウェアも一新しているので、いずれ紹介しましょうかね。

    気を取り直し、ここから県道7号など一般道を使って石岡へ向かいます。しかし石岡の町、雰囲気は大変良いながら多くのお店が日曜休日。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_11.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_12.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_13.JPG


    さらにサイクルラックなどどこにもなく、ついでにガードレールもない。せっかくの重鍵も地球ロックできなければ無意味なので、本日のお昼はツルハドラッグの惣菜パンに変更。ちょっと残念だけどこれはこれで旨し。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_14.JPG


    あまり良いやり方ではないですが、ツルハドラッグ唯一の車止めに自転車を地球ロックさせてもらってご近所をプチ観光。
    最初に立ち寄った雑貨屋すずめやさん(久松商店)ではちょいとこじゃれた小銭入れを購入。
    百均ポーチよりちと厚いけど柄が気に入ったので大事にします。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_15.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_16.JPG


    続いて足を休めるため、丁子屋さんの抹茶(350円)で一服。落ち着いてて大変よろしい雰囲気であぁ~となります。
    輪行を意識して普段から街着で通用するようなサイクルウェアしか着ないけど、やっぱ下レーパンのみスタイルは旅行向きじゃないかなあ。
    石岡を見渡してみてサイクルラックが無い時点で察しろと言う事かしら。超個人的に「サイクルラックが無い=スタンド無いスポーツ自転車に乗る格好な人(=レーサーの正装)は来なくていい」だと解釈してます。異論は認める。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_17.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_18.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_19.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_20.JPG


    最後は金刀比羅神社にてご挨拶と安全祈願。しかしおみくじの「旅行 利なし ひかえよ」は何の冗談ですか。ここ旅行で来たんですが。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_21.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_22.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_23.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_24.JPG


    この時点で時間は午後三時。まだまだ日は高いですが、今日は午前三時に起きているので宿入りのため石岡から高浜へ移動します。
    ちょっと細目の路地を抜け、今回のお宿いづみ荘さんに到着。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_25.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_26.JPG


    自転車は部屋に入れていいとの事でしたが、泥と砂が落としきれなかったので鍵かけて玄関に置かせてもらいました。こんな時にはフラッシュスタンドが重宝しますね。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_27.JPG


    旅装を解いてまずは風呂!しかるのち夕食!割烹料亭というだけあり、ここの料理は確かに美味。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_28.JPG

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_29.JPG


    中でも鯉の煮付けは最高、しっかりとした濃い味付けなのにクドクなくさっぱり頂けてご飯が進む進む。
    鯉ってこんな旨かったんですねえ。刺身は酢味噌じゃなくて醤油にしたけど。

    20171015_nestsspaceblog_ibaraki_30.JPG


    翌日に備え21時には就寝。さすがに長いので、二日目は次回エントリーに回します。
     
     
     

    テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

    1. 2017/10/15(日) 22:07:44|
    2. 自転車旅行
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    findとxargsを併用して任意のファイルを一括削除する

     
    findとxargsを併用し、CentOSなどで任意のファイルを一括削除する方法についてまとめる。
    inodeを食いつぶしている不要ファイル群を一掃する時に大活躍。

    書式と実行例


    ここでは[指定したファイルサイズ以下]かつ、[特定ファイル名]のファイルを一括削除してみる。
    findのオプション次第で、指定したファイルサイズより大きい物だけ探すなども可能。

    まずはfindコマンドのみ単体で動かし、削除対象のファイルを確認する。
    下記の記述だと「/tmp/testdir/target.txt」に、削除対象のファイルが出力される。
    なお「rm: missing operand」と表示された=削除対象が見つかりませんでしたの意なので、find部分を見直す事。
    書式.
    # find [対象パス] -size [対象ファイルサイズ(単位:バイト)] -name [対象ファイル名] > [任意のパス、ファイル名称]

    実行例.
    # find /tmp/testdir -size -1024 -name '*.png' > /tmp/testdir/target.txt


    削除対象ファイルに問題が無ければ、削除へ進む。
    下記の記述だと、ディレクトリ[/tmp/testdir]以下から[ファイルサイズ1024バイト以下]かつ[拡張子png]のファイルのみ一括削除する。
    書式.
    # find [対象パス] -size [対象ファイルサイズ(単位:バイト)] -name [対象ファイル名] | xargs rm

    実行例.
    # find /tmp/testdir -size -1024 -name '*.png' | xargs rm

    参考


    【 find 】 ファイルやディレクトリを検索する

    【xargs】標準入力から生成したコマンドラインを実行する
     
     
     

    テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

    1. 2017/09/13(水) 22:20:38|
    2. Linux
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    rdesktopでCentOSからWindowsをリモートデスクトップする

     
    rdesktopを使用し、CentOS6.5からWindowsへリモートデスクトップで接続・操作する手順についてまとめる。

    前提条件



    操作手順


    1.rdesktopをインストール。今回はインストール済みだった模様。
    実行例.
    # [root@CentOS~]# yum install rdesktop
    読み込んだプラグイン:fastestmirror, refresh-packagekit, security
    インストール処理の設定をしています
    Loading mirror speeds from cached hostfile
    * epel: ftp.jaist.ac.jp
    * extras: www.ftp.ne.jp
    パッケージ rdesktop-1.7.1-1.el6.x86_64 はインストール済みか最新バージョンです
    何もしません

    2.コマンドrdesktopを実行して起動確認。成功すればWindowsのリモートデスクトップと同様のウィンドウが表示される。
    実行例.
    # rdesktop 192.168.28.20
    20170903_nestsspaceblog_rdesktop_1.png


    3.単純にrdesktopを実行しただけだと解像度が不満なので、解像度を指定(数値または%)してみる。Windowsで使用するリモートデスクトップとほぼ同じ感覚で使用でき、ウィンドウ最小化や切断も簡単。
    日本語入力も問題無かったが、問題が出た場合は"-k ja"オプション追加を試すといいかも。
    あと意外と「半角/全角キー押したのに日本語入力できない!」と嘆く人に、「半角/全角キーとAlt同時押しでの日本語切替」を紹介する事が多い(英語キーボードとして認識されてる時は大抵コレ)。
    実行例.
    # rdesktop 192.168.28.20 -g 1280x800
    または
    # rdesktop 192.168.28.20 -g 80%
    20170903_nestsspaceblog_rdesktop_2.png


    また"-f"オプションを使用すると、フルスクリーンにする事もできる。
    この場合、CentOSに戻る為には「切断」が必要な様子。大きく表示したい場合でも、先の解像度指定100%のが良さそう。
    実行例.
    # rdesktop 192.168.28.20 -f
    20170903_nestsspaceblog_rdesktop_3.png


    rdesktopエラーの遭遇事例


    rdesktopを実行すると「ERROR: Failed to open display:」と表示され、リモートデスクトップウィンドウが表示されない。

    rdesktopではWindowsのリモートデスクトップと同様のウィンドウが表示されるため、CUIではなくGUI(CentOSのコンソール等)から実行する必要がある。
    例えばWindows8.1からTeratermでCentOSに接続し、rdesktopを実行するのはNG。
    [root@CentOS~]# rdesktop 192.168.28.20
    Autoselected keyboard map ja
    ERROR: Failed to open display:

    rdesktopを実行すると「ERROR: recv: 接続が相手からリセットされました」と表示され、リモートデスクトップウィンドウが表示されない。

    これはWindowsPC側で「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」を有効にしている事が原因なので、ここをオフにすればrdesktopからも接続できる(その分セキュリティが落ちる)。

    WindowsServer2012 R2とWindows8.1 Proの設定例。「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」がデフォルトで有効だったので無効にしている。
    20170903_nestsspaceblog_rdesktop_4.png

    Windows7 Proの設定例。
    20170903_nestsspaceblog_rdesktop_5.png

    参考


    Windowsのリモートデスクトップ機能を使うには・改
     
     
     

    テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

    1. 2017/09/03(日) 21:16:50|
    2. Linux
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ブログ更新を再開します

     
    2016年12月末から放置していた当ブログですが、そろそろ更新を再開したいと思います。
    さぼっていた間にコメントくれた方、申し訳ありませんでした。


    まずは更新が停滞していた理由について。
    全くの私事で恐縮ですが、書かねば次へ進めないので...

    去る2016年12月31日、ガンで入院していた母が旅立ちました。
    亡くなるしばらく前から入退院を繰り返しており、私には見せていなかったようですが病魔は確実に母を蝕んでいたようです。
    時々口にしていたゼリーは、栄養剤だと聞いていたのですが実際は医療用麻薬だと後に知りました。

    母が入院していた間、私は母と暮らしていた実家で一人暮らしをしていたのですが、年末年始という事もあり私も母の病室で寝泊まりしていました。
    買い出しやら自宅との往復には、自分の気分転換として自転車を使用(病院から自宅までは電車でも車でも自転車でも大体同じくらい)。
    もっとも自転車で出掛ける事に関しては、事故に遭いはしないかとだいぶ心配を掛けてしまっていたようです。あと多分もっと一緒にいたかったのでしょう。

    今にして思うと母の気持ちを十分察せず、自分の都合ばかり考えていたのだから本当にひどい息子でした。

    母の旅立ちの日となった大晦日、私は予約していたおせちを受け取るため、また年末年始を病院で過ごす準備のため一旦自宅に戻る予定でした。
    病院から自宅までは自転車で、おせちを受け取って電車で帰るよ、と母に伝えると「とにかく今日はタクシーで帰れ、早く帰れ」と頑固に言います。
    分かった分かったと気軽に私は気軽に返しながら、病室が乾燥してるからと、私は母の口に氷を含ませます。
    母は氷をなめなめ「おいしいね」と言い、病室を出ていく私に軽く手を振って「じゃあね」と、私が病室を出る時のいつもの一言。
    そしてちょうどタクシーが家に着く少し前くらいに、母が旅立ちを知らせる電話が病院から届きました。

    これが母との別れ。なんとなく母は自分の旅立つ時が分かっていたのかもしれません。
    すごくあっさりしていますが、これも非常に母らしいと言えば言えそうです。
    はい、これで十分!だらだらしないでこれで終わり!と自分で線引きしたみたい。

    すごく、すごく綺麗で穏やかな寝顔だったので、少なくとも後はあまり心配せずに向こうへ行けたのだと思います。
    家事に関してはサッパリだった父にはとっくにカビが生えてると思うので、向こうで仲良くしていてね。


    とまあ、暗い話題はここまで。

    色々整理がついてない事はありますが、生活は別に荒れておらず、ちゃんとサラリーマン生活を送っております。
    私が高校生の時に父が早世してから十数年、実家で母子家庭生活を続けてきた間、母から炊事洗濯掃除と家事全般みっちり叩き込まれ、かなりの分量を担当してましたから。

    また母に心配を掛けて悪い事をした、とチクリと思う事もある自転車ですが、すっかり趣味として定着しつつあります。
    日常の整備やら部品のアップグレードやらサイクリングの楽しみやら、意外と自分には合っていたようです。

    ブログ更新をさぼっていた間も、輪行しての霞ヶ浦一周100kmとか、印旛沼で鰻を食べたり、自転車旅行社のツアーに参加したりで貯めたネタもまずまずの数量。
    さらに大きなイベントとして、美ら海沖縄センチュリーラン2018への参加を検討中。完走目指して頑張ります。

    20170820_nestsspaceblog_okinawacenturyrun2018.png


    最後になりますが、明るく楽しく時にひとさまのお役に立てれば重畳、でゆるゆるな当ブログを引き続きよろしくお願い致します。
     
     
     

    テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

    1. 2017/08/20(日) 23:09:23|
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    管理人NEST

    Author:管理人NEST
    nEST's SPACEへようこそ。
    書きたい事を適当に書き連ねています。
    HPもよろしく。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (1)
    GAME (20)
    雑記 (43)
    PostgreSQL (5)
    Windows (35)
    サイト運営 (6)
    MANGA (1)
    スマートフォン (19)
    Oracle (3)
    健康 (1)
    Linux (14)
    仮想化 (1)
    車 (7)
    ミニベロ (7)
    自転車旅行 (2)

    ブログ用カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ