nEST's SPACE-Blog

    コンピュータ、ミニベロ、旅行などが主なテーマの日記帳です

    『村上隆の五百羅漢図展』を見てきました

     
    今回の『村上隆の五百羅漢図展』で一番ビビッときた獏(バク)。
    でもこれが獏(バク)だなんて、言われなければ分かりませんよね。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_TOP.JPG


    駅の壁面広告などでかなり気になっていた『村上隆の五百羅漢図展』、先日ようやく見に行くことが出来ました。
    開催地はテレビ朝日でもお馴染み、六本木ヒルズ森タワー53Fにある森美術館。日頃は芸術と縁遠い生活を送っている管理人、勿論訪れるのは初めてです。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_1.JPG


    2016年3月6日までと開催終了間近でしたが、チケット購入から入館まで30分位掛かる程の人気ぶり。
    ちなみに入館料は大人1,600円と意外にお手頃です。

    入り口には怪しい像が立っていますが、一歩足を踏み入れればそれ以上の極彩色全開、目の眩むような世界が一面に広がっています。
    ドコに目をやっても徹頭徹尾こういうのとか。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_3.JPG

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_4.JPG


    こういうので埋め尽くされています。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_5.JPG


    そして展示場を半分ほど進むと、いよいよ当展覧会の本命である五百羅漢が見えてきます。
    プレートにもありますが、五百羅漢とは『釈迦の教えを広めるため、煩悩を滅し人々を救済するためこの世にとどまっている聖人』の事。
    乱暴に言うと五百羅漢図は一人でもありがたい聖人様+αの集合写真、つまりとってもありがたい物となります。

    全長100メートル、高さ約10メートルの超巨大絵画が目の前一杯に広がる光景はまさに圧倒的。
    全体図ならパンフでも見られるので、ここはあえて一部を切り取ってみます。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_6.JPG

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_7.JPG

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_8.JPG

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_9.JPG


    一角には制作資料やインタビューVTRコーナーも。またオリジナルの五百羅漢図も展示されているので、見比べてみるのも一興でしょう。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_10.JPG


    出口には美術館恒例のスーベニアコーナー。今回は五百羅漢に登場したキャラクターのカプセル(1個500円)を購入、修行を続けるうちに頭から木が生えてきたという樹木羅漢が当たりました。
    色合いは地味なのにやっぱり"濃い"ですねえ。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_11.JPG




    村上隆の五百羅漢図展』、すごく良かったです。恥ずかしながら作者の名前も高名な美術家である事も全く知らずに訪れましたが、そんなものは本物の迫力の前には些細な事だったようです。
    2016年3月6日までの開催ですので、もし当記事を見て興味を持った方はお早めに。
    安心してください、森美術館は22時まで開いてますよ!

    最後は観光客気分丸出しで上ったスカイデッキからの一枚。
    幸い晴天にも恵まれ、スカイツリー(写真左)と東京タワー(写真右)を一度に拝む事が出来ました。

    20160302_nestspaceblog_TakashiMurakami_The500Arhats_12.JPG
     
     
     
    関連記事
    スポンサーサイト
    1. 2016/03/02(水) 23:26:18|
    2. 雑記
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    <<ダイアログ「WDT(Watchdog timer)機能は現在無効になります。この機能を有効にするには、BIOSセットアップメニューにWDT configurationを"On"にします。今システムを再起動しますか。」への対応方法 | ホーム | Dell PowerEdge R430+PERC H730 miniに、ホットスペア用HDDを追加する方法>>

    コメント

    村上隆の五百羅漢

    こんにちは。
    私も村上隆の五百羅漢図展を見てきました。作品のスケールが大きいだけでなく何層にも刷り重ねられた色彩感と密度。羅漢たち異形の霊獣たちは昔の五百羅漢的なものからアニメ的なイメージも入り交じり、膨大な視覚情報の嵐に圧倒されました。画結局何を描きたかったのかはわかりませんでしたが、巨大な画面から伝わってくるオーラに私の五感が共鳴してきて、画家の意図が分らなくてもアート鑑賞を楽しめる、まさに現代アートとはそんなものだと村上隆の作品を見て感じました。

    画家の意図を理解するアートから五感で感ずるアートに変革した、美術史に巨大な足跡を残した巨匠画家についてレポートしてみました。現代絵画やアートを理解する上でご参考になると思いますので、ぜひ覗いてみてください。
    1. 2016/03/19(土) 14:34:58 |
    2. URL |
    3. dezire #r.7.dbSA
    4. [ 編集 ]

    Re: 村上隆の五百羅漢

    返信が遅れて申し訳ありません。拙いブログですがコメント頂きありがとうございました。
    またdezire様のブログも拝見しましたが、コメントを頂いた事が恐れ多いような素晴らしいブログですね。

    これをきっかけに、私もアートの世界に触れる機会を増やしてみようと思います。
    1. 2016/03/22(火) 23:17:36 |
    2. URL |
    3. 管理人NEST #-
    4. [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://nestblog.blog.fc2.com/tb.php/132-1f9673a8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    管理人NEST

    Author:管理人NEST
    nEST's SPACEへようこそ。
    書きたい事を適当に書き連ねています。
    HPもよろしく。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (1)
    GAME (20)
    雑記 (44)
    PostgreSQL (5)
    Windows (35)
    サイト運営 (6)
    MANGA (1)
    スマートフォン (19)
    Oracle (3)
    健康 (2)
    Linux (14)
    仮想化 (2)
    車 (7)
    ミニベロ (8)
    自転車旅行 (2)
    自転車パーツ・ウェア (1)
    自転車イベント (2)

    ブログ用カウンター

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ